特集コンテンツ・キャンペーン

自分に合った適切なテーブルと椅子の高さについて

みなさんは普段使っている椅子やテーブルの高さを気にしたことはありますか?
洋服や靴など自分に合ったサイズがあるように椅子やテーブルにも自分にピッタリなサイズがあるんです。
毎日の食事や仕事などで使うものだからこそ、自分に合った椅子・テーブルを選びたいですよね。ここでは「人間工学」に基づいた計算式より、あなたの理想の椅子・テーブルの高さを測ることが出来ます。
より良い食事の時間やくつろぎの時間を過ごす為にチェックしてみましょう。

椅子の高さ(座面高)を調べる

人間工学に基づき下記の数式で適切な椅子の高さを測れます。
座面高 = (伸長 * 0.25) - 1

参考例

伸長が160cmの人の場合、(160cm * 0.25) - 1 = 39cmとなります。

※あくまで目安となります。

座面高の理想は、座ったときに無理なく足のかかとが床に着き、椅子と膝の間に少し隙間が出来るのがベストな状態。足の裏が浮いた状態だと、太ももの血行が悪くなるので、長時間の着座に耐えることができません。
特に椅子に長時間座る機会が多い方はチェックしてみよう。

<座面高を計算してみよう!>

伸長:cm
適正な座面高は『』です。

テーブルの高さを調べる

人間工学に基づき下記の数式で適切な机の高さを測れます。
机の高さ = (伸長 * 0.25) - 1 + (伸長 * 0.183) - 1

参考例

伸長が160cmの人の場合、(160 * 0.25) - 1 + (160 * 0.183) - 1 = 67.2cmとなります。

※あくまで目安となります。

一般的に市場に流通しているテーブルの高さは68~70cmのものが多くあります。
中にはリビングダイニングなどで使用するロータイプ(68cm以下)のテーブルや高さ調節が可能な昇降式タイプなどもございますので、用途や生活シーンに合わせてテーブルの高さを見直してみてはいかがでしょうか。

<テーブルの高さを計算してみよう!>

伸長:cm
適正なテーブルの高さは『』です。

差尺を調べる

椅子とテーブルはセットで使うことが殆どだと思います。
その時に重要になってくるのが「差尺(さじゃく)」と呼ばれる言葉で「テーブル天板」と「椅子の座面」までの長さを表します。
差尺 = (座高 ÷ 3) + 2※座高は「伸長*0.55」で計算出来ます。

参考例

伸長が160cmの人の場合、((160 * 0.55) ÷ 3)) + 2 = 31.3cmとなります。

※あくまで目安となります。

ご家庭など使用する人の身長がバラバラの場合は「27~30cm」を基準に選んでみてはいかがでしょうか。
差尺が適正でないテーブルや椅子を使用すれば作業効率が低下するだけでなく、肩こりや腰痛など、体への負担も大きくなります。意外と見落としがちなポイントですので、ご購入の際にはチェックしてみてください。

<差尺を計算してみよう!>

伸長:cm
適正な差尺は『』です。

最後に....

今後、購入・買い替えを検討している方は、この人間工学に基づいた差尺や座面の高さの計算式をもとに、あなたにピッタリのものを探してみましょう。椅子やテーブルは職場やご家庭、外出先などで毎日使うものです。何気ないことですが自分に合ったものを使うことで仕事や勉強、作業が今まで以上にはかどるかもしれませんよ。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

【受付時間】 AM9:00~PM17:00
日祝日・第1・第3・第4土曜日は定休日

ページトップへ